新卒者必見!面接で失敗しない秘訣

社会人としての常識もチェックされてます

身嗜みは大切

皆さんは初対面の人に会った時、まず見た目で判断するでしょう。
それと同じで面接官も相手の見た目をよく見ます。

スーツがヨレヨレで汚かったり、髪がぼさぼさだと「だらしない人なんだな」とそれだけで減点対象になります。

そんな悪い印象を持たれないように綺麗に身嗜みを整えて面接に挑みましょう。

まずスーツは事前にクリーニングに出したものを用意し、シャツやブラウスもパリッとアイロンをかけた物を準備しましょう。

意外と大切なのが靴です。
特に年配の面接官は靴でその人を判断してきた人が多いので靴もピカピカに磨いた物を履きましょう。

髪型もぼさぼさではなく、キチンとセットし、長い髪の人は一つに結んだりしましょう。

女性の方はメイクは控えめにし、華美なアクセサリーも控えましょう。

社会人は「清潔感」のある身嗜みが大切ですので、ここは忘れずにいましょう。

待ち時間の過ごし方

あと、面接前の待ち時間も重要です。

待っている間に他の人と談笑したり、会場内をウロウロしたり、スマホでゲームをしたり音楽を聴いたりするのはNGです。

遊びに来ているのではなく、会社に面接に来ているのですから浮ついた行動はマイナスイメージになります。

ではどうすればいいのかと言うと、面接官への質問を考えたり、どんなことを聞かれるかを頭でシュミレーションしたりと、とにかく静かに大人しく過ごしましょう。

それ以外にも、足を組んで座る、足を開いて座る、貧乏ゆすりをするのも良くないです。
すっと背筋を伸ばしてよい姿勢で座って待っておきましょう。

座り方一つも結構見られているので、そこも意識するように心がけましょう。


この記事をシェアする