就職面接で気を付けなければいけないこと

新卒者必見!面接で失敗しない秘訣

面接は誰もが緊張する

「家に帰るまでが遠足」という言葉がありますが、面接に関して言うと「会社に入ってからが面接」と言っても過言ではありません。 社内にはすでに色んな先輩社員の人達がいます。 その中に将来の上司や、もしかすると面接官がいるかもしれません。 そういった場所で一体どんな振舞いをすればいい印象かというのをお話しします。

会社に入った時点でもう見られています

学生から社会人になる、つまり企業に就職する際に避けては通れないのが会社側との面接です。
就職だけでなく進学やアルバイトをする時にも必ず面接はついて回ります。

けど、最初から余裕でこなせたり、面接官とのやり取りも簡単に出来る人なんていません。
確かに知らない大人の人と話すのは緊張しますし何を言えばいいのかわかりませんよね。

誰もがドキドキしながら面接に挑んでいます。
ですので「あまりよくしゃべれなかった」「いざ面接官を前にしてあがってしまった」などうまくいかなかったからって落ち込む必要は無いですよ。

この記事では、例えば面接官とどんなやり取りをすればいいか、待っている間はどのようにして過ごせばいいか、お辞儀や座り方はどうすればいいのかといったアドバイスを簡単ですがお書きします。


「口下手なんだけど、ちゃんと会話出来るかな?」「どんな態度で受ければいいのかな?」「面接官にいい印象を持ってもらうにはどうすればいいんだろう?」
そのような不安を抱いて今就職活動をしている方々も多いでしょう。

特に新卒の学生さんたちは社会に出る第一歩なので意気込みも思い入れも強いと思われます。

でも、ハッキリ言いますとそこまで肩ひじ張らなくてもいいんです。

ありのままの自分を見せればいいんです。

そこを見ている面接官も多いです。

いわゆる最低限のルールを踏まえて面接に挑めば問題はありません。

この記事が今面接で悩んでいる方々にとって、ささやかな救いになれば幸いです。

社会人としての常識もチェックされてます

面接に行くというのは「自分はキチンと社会でやっていける自信があります」という自分自身をアピールする場所でもあります。 そのためちょっとした見た目や態度も評価に繋がります。 では何を気を付ければいいのか、どこが重要なのかというのをここではお話しします。

面接が始まったら

さぁ、ついに面接の時間がやってまいりました。 ここまで来るのに長い道のりだったと思います。 その努力を発揮しましょう。 ここでは、面接時にどんな行動をすればいいか、例えばお辞儀や座るタイミングの話や質問がある場合はどうしたらいいのかを記事にします。